« 政府・金融庁 貸金業規制法改正案 債務者救済より消費者金融業界に配慮 | トップページ | 民主党小沢さん 憲法改正は票になりませんか? »

2006年9月10日 (日)

総裁選 3候補の政策 言っていることが意味不明

3候補揃い踏みで登場、三人の政策を聞いていてこのうちの一人が総理になるのかと思うと、不思議に思えてならなかった。今後の日本をどういう方向に持っていこうとしているのか、言っている言葉は滑らかに響いてくるが、具体的に何も言っていない。安倍さんは戦後体制からの脱却と強い日本を強調、憲法改正が必要だといっている。戦後体制からの脱却とはどういう事で、強い日本とはどう言う日本なのか、そしてそれらが憲法改正とどう結びつくのか、現憲法ではなぜいけないのか、何も伝わってこない。麻生さんはこれに同調するような発言をしている。谷垣さん一人がこれに異を唱えているのが印象的だったが。アジア外交では中韓関係改善を進めると言っているのだが、歴史認識、靖国について何も触れていない、どういう手順で進めようというのか。これでは改善は望めそうにない。谷垣さんは靖国参拝は控えると言っているが。「美しい国」「誇りが持てる国」「豊かさの実感」と言葉の響きは良いが、言っていることが意味不明なのだ。私にはこの三人から総理になる気概というものを感じ取ることが出来なかった。来年の参院選は、我々が国政に参加できる唯一の機会なので、今後の動向を見守りたい。

|

« 政府・金融庁 貸金業規制法改正案 債務者救済より消費者金融業界に配慮 | トップページ | 民主党小沢さん 憲法改正は票になりませんか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179536/11827382

この記事へのトラックバック一覧です: 総裁選 3候補の政策 言っていることが意味不明:

« 政府・金融庁 貸金業規制法改正案 債務者救済より消費者金融業界に配慮 | トップページ | 民主党小沢さん 憲法改正は票になりませんか? »