« 福田内閣 衆議院解散し、海自給油活動の継続について、国民に問べきだ | トップページ | 日銀総裁人事 3月12日、毎日新聞の社説は議会を軽視した発言で納得できない »

2007年11月 3日 (土)

民意を無視した自・民大連立構想

福田自民党内閣は、現在置かれている立場をまつたく理解していない。国民は政権交代可能な、2大政党制のシステムの確立を求めているのだ。

福田内閣はあたかも国民の信任を受けているかのように振舞っている。自民党が衆参捩じれ現象を打開するため、民主との大連立を模索するなら、先に衆院を解散、国民の信任を得てからにして貰いたい。

自民党が、国民のためになる政治をと言うのは、信任を受けて初めて言えることなのでは。
安倍政権は国民の信任を一度も受けることなく、民意に反する政策を実行し参院大敗と言う結果を招いた。その後を引き継いだ福田内閣も同じ事を繰り返そうとしている。

国民は自民党の長期政権がもたらしている、政治とカネ、業者との癒着など様ざまな弊害をなくするには、政権の交代しかないと考えている。

福田自民党が模索した大連立は、自民党政権の存続の路の模索にしか国民には写らない。民主党がこの自民党の構想に乗ったとしたら、自・民で国民不在の国造りをする事になるのでは、民主党は自民党政権存続に手を貸したことになり、参院での民意を裏切る事になる。

国民が自民党に求めている事は衆院の解散であり、民主党はその受け皿になることである。

民主党は選挙による政権交代を目指すことが、民意に応えることなのでは。
そして自民党の衆参捩じれ現象解消のための大連立構想は、衆院解散後の選挙で自民党が過半数を維持できた時に言える事ではないのか。

|

« 福田内閣 衆議院解散し、海自給油活動の継続について、国民に問べきだ | トップページ | 日銀総裁人事 3月12日、毎日新聞の社説は議会を軽視した発言で納得できない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179536/16959140

この記事へのトラックバック一覧です: 民意を無視した自・民大連立構想:

« 福田内閣 衆議院解散し、海自給油活動の継続について、国民に問べきだ | トップページ | 日銀総裁人事 3月12日、毎日新聞の社説は議会を軽視した発言で納得できない »