« 政権をもてあそぶ自民党 安倍さんに次いで福田さんもか。一日も速く解散総選挙を | トップページ | 麻生首相は「経済の麻生太郎」ですと言うより「無能な麻生太郎」ですのほうが身の丈にあっている »

2008年9月 6日 (土)

重みのない自民党総裁選 手を挙げれば良いという物ではない

自民党総裁は衆議院選の結果次第だが、日本の総理候補者でもあるのだ。雨後の竹の子のようにニョキニョキ頭を出している総裁選候補者の顔ぶれを見ていると、この人たちは本気で総理になる気で居るのか其の気概が伝わってこない。

安倍氏や福田氏のように簡単に政権を投げ出し兼ねない、そんな心配が先に来る。

今度の総裁選は今の自民党の体質を如実に現して居ると言えるのかもしれない。

一国会議員の立場と、総理総裁とは同じ天秤では量れないのでは。其の度量の違いを今の自民党議員は認識していない要だ。

福田氏は総理と言う立場をどう受けともて居たのか、本人は大変なことをしたと言う認識がまったくなく、最後まで他人事で終わってしまった。国民に対する謝罪は一言もなく、最後に残した一言は、「私は貴方とは違う」だった。無責任のひと言だ。

自民党の再生には時間が掛かりそうだが、国民不在の政治は早く終わりにしてもらいたい。
自民党は民主党に政権を託し、党内再生に専念しては如何でしょうか。

|

« 政権をもてあそぶ自民党 安倍さんに次いで福田さんもか。一日も速く解散総選挙を | トップページ | 麻生首相は「経済の麻生太郎」ですと言うより「無能な麻生太郎」ですのほうが身の丈にあっている »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179536/42394183

この記事へのトラックバック一覧です: 重みのない自民党総裁選 手を挙げれば良いという物ではない:

« 政権をもてあそぶ自民党 安倍さんに次いで福田さんもか。一日も速く解散総選挙を | トップページ | 麻生首相は「経済の麻生太郎」ですと言うより「無能な麻生太郎」ですのほうが身の丈にあっている »