« 麻生首相が辞めることが、2兆円定額給付より経済効果は大きい | トップページ | 自民党・麻生内閣の支持率回復は望みうす »

2009年1月13日 (火)

麻生首相、定額給付金を強行採決。渡辺喜美議員離党 松浪健太氏も退席。

NHKが10日から3日間、世論調査を実施した。その結果定額給付金について国民の73%が反対し、定額給付金を期待するかを聞いたところ39%があまり期待しない、まったく期待しないが35%だった。

そして2次補正予算案から定額給付金を切り離すべきだと考えている人が45%で「どちらとも言えない」という人が38%だった。

総じて国民は2兆円の定額給付金は経済効果は期待できない。やめるべきだといっているのに。

麻生首相は有効な経済対策だといって強行採決をした。麻生政権を支えている公明党の発案の定額給付金、麻生さんは簡単にひっこめる訳にはいかないようだ。

今の麻生自民党には定額給付金に変る新たな経済対策を発案する力はないということの様だ。

渡辺喜美元行政改革担当大臣、「麻生自民党では国民から断絶した政治が行われている」と言って、今日自民党を離党した。又採決時自民党の松浪健太氏も退席した。

自民党の中にまだ、まともな議員が居たのかと、エールを送りたい。

2兆円の税金、もつと有効に使ってもらいたいものだ。

|

« 麻生首相が辞めることが、2兆円定額給付より経済効果は大きい | トップページ | 自民党・麻生内閣の支持率回復は望みうす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179536/43732601

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生首相、定額給付金を強行採決。渡辺喜美議員離党 松浪健太氏も退席。:

» 渡辺喜美元行革担当大臣が離党届を提出。そして、新たに松浪議員が造反。 [本質]
渡辺喜美元行革担当大臣(56)が、本日自民党に離党届を提出。 提出した離党届も受 [続きを読む]

受信: 2009年1月13日 (火) 23時11分

« 麻生首相が辞めることが、2兆円定額給付より経済効果は大きい | トップページ | 自民党・麻生内閣の支持率回復は望みうす »