« 政権政党としての自民党、麻生首相を辞めさせる責任がある | トップページ | 調子にのつて郵政民営化の足を引っ張る鳩山総務大臣 »

2009年2月13日 (金)

自民党大島理森国体委員長は郵政民営化問題、過去の話と言うが。

13日、大島理森国体委員長は党国体会合で、「郵政民営化問題は過去の話」と言っているが本当に過去の話なのが。

現在、自民党が政権政党で居られるのは、小泉元首相が郵政民営化(4分社化を含め)を国民に問うた郵政選挙の結果得られた衆議院の議席数で成り立っている事を忘れているのでは。

その後、安倍政権・福田政権そして麻生政権と首相は変わっているが、まだ一度も国民の信任を受けていない。自民党、麻生政権が郵政民営化は過去の話と言えるのは衆議院を解散し国民の信任を受けて初めて言えることで、国民にとっては過去の話ではない。

大島理森国体委員長が、「郵政民営化問題は過去の話」と言うことは民意を無視した言い分で、国会軽視ではないか。

|

« 政権政党としての自民党、麻生首相を辞めさせる責任がある | トップページ | 調子にのつて郵政民営化の足を引っ張る鳩山総務大臣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/179536/44048600

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党大島理森国体委員長は郵政民営化問題、過去の話と言うが。:

« 政権政党としての自民党、麻生首相を辞めさせる責任がある | トップページ | 調子にのつて郵政民営化の足を引っ張る鳩山総務大臣 »